♪ ボヌママ コラム

2017 / 11 / 21  02:10

リトミックってなあに?

ご訪問ありがとうございます。

ボヌママの講師、たみき まりこです。

 

さて、最近「リトミック」という言葉を

耳にすることが多くなってきたこの頃。

 

きっと、「リトミックって、なんだか子どもに

いいらしいから、ちょっと気になる」

 

と思い、こちらものぞきに来てくださったのでは

ないでしょうか(^^♪

 

そう!リトミックって、お子様の成長を

より豊かにしてくれるものなんです

 

リトミックは、

スイスの作曲家でもあり教育者でもあった

エミール・ジャック=ダルクローズが

20世紀の初めごろに考案した音楽教育の手法です。

 

リトミックは自由度が大変高く、

みんな違って、みんないい!んです。

 

音を聴いて味わい、それを表現することで、

音楽への関心や音感を育て、

心を豊かにする、それがリトミック。

さらに大切なことは、親子の絆。

 

スキンシップや語りかけなどの

コミュニケーションは、子どもの精神的な

発達に深く関係しています。

幼児期に充分なスキンシップを行い、

たくさん語りかけてあげることで親子の絆が

深まり、親子の絆が深ければ深いほど、

子どもの心は豊かになります。


同じお部屋の中にママやパパがいて、

一緒に活動してくれたり、

近くで見守っていてくれたりするだけで、

こどもは安心してレッスンに参加できるのです。

 

また、ママやパパのリラックスの場、

発散の場にしていただき、

子どもも大人もみんなで一緒になって楽しめる

レッスンを目指します。

 

だって、私自身がリトミック教室を開こうと

思ったのはそこなのです。

息子のためにと通ったリトミックですが、

まあ楽しいこと!

ノンストップレッスンなので、ずうっと音楽など

が流れている環境で、

子どもと一緒に思う存分歌ったり身体を動かしたり、触れ合っていられるのですから。

 

家事育児、あるいはお仕事や趣味、

やらなくちゃいけないことはたくさんある。

 

でも、このリトミックの時間だけはこの子に没頭

して、ほかのことは一旦置いておいて(^^;

この子との時間を有意義に過ごす。

 

この時間が少しでもあると、

イヤイヤ期で大変な時期も、お互いに健やかに居られるような気がします。

 IMGP7633 (2).JPG


おとなしい子、活発な子、引っ込み思案な子、

好奇心旺盛な子など、

子どもたちの感じ方や表現は無限大です。

リトミック教室ボヌールママでは、

お子様のすべてをありのまま受け入れ、

その個性を良いところとして伸ばしていきます。

型にはめるのではなく、その子の持ち味を、

その個性を大切に見守り、

一緒に育んでいきましょう。

 

うちの子は落ち着きがないから…

人見知り、場見知りでないてしまったら

どうしよう…

 

大丈夫です!

 

色々なことに興味があるのはとーってもいいこと

です!

思い切り表現する時間があると、きっと何かが

かわってきます!

 

人見知りは、ママや家族以外の人との違いに

気づくという成長の一歩!

少しずつ慣れていけるように、私も一緒に見守り

ます(^^

 

 

 

まずは、体験レッスンでお会いしま

しょう。お子様の色んないいところ、

成長をみつけられます♪

http://r.goope.jp/rito-bonumama/contact